いつかはトムソーヤ

映画 / 本 / 写真 / 時々真面目な国際政治の話

2021年を振り返る6つの動画

ユーチューバーでもブロガーでもインフルエンサーでもないやつが何を、という感じなのだが、2021年ってなんか芸術面で楽しいことが多かった。本、雑誌、映画、テレビ番組、ブログでもいろいろおもしろいコンテンツはあったが、今は動画コンテツへのアクセス…

ありがとうダニエル・クレイグー007/ノータイムトゥダイー

好みが分かれるのは当たり前 今回のノータイムトゥダイは、評価するのがとてもむずかしい。映画の質や技術的な到達度の前に、映画の方向性や007映画に求めるものが人によって違うのに、まさに、絶賛派がたくさん生まれ、また、激しく嫌う人もたくさんいるよ…

映画「都会のトム&ソーヤ」がひどかった件

自分が小中学生のときに最も読んだ作品である都会のトムソーヤが映画化された。 tomsoya.hatenablog.com どのくらい夢中になってたかというと、登下校中歩きながら延々と読んでいたくらい。特に1巻を読んだときのことはよく覚えており、昼休みたまたま図書室…

EOS R5に驚愕 最近出たカメラとかレンズを触った

あまりやったことないけど、最近出た新製品をまとめて触ってきた。 なにを言ってるんだと言われるかもしれないが、地方にいるとそもそもまともに新製品を触る機会がない。 量販店には普通に何年も前の製品が置いてあるし、50万もする一桁モデルがないどろこ…

「令夢の世界はスリップする」の衝撃

先日発売されたはやみねかおる先生の新刊「令夢の世界はスリップする」に衝撃を受けた。ここ数年のはやみね作品のなかではもちろん、全ての読書体験のなかでも飛び抜けて強く心にどかーんとくる一作で、この感情をすぐに共有したい!という気持ちになった。 …

名探偵コナンで「二元ミステリー」がいまだ最重要回である理由 ―  ベルモットの登場と「どうして年をとらないの」の衝撃

現在の名探偵コナンの基礎ができたエピソード 名探偵コナンブログを作っています!ご覧いただければ幸いです conan-mania.com 小五郎と新一のもとに殺人予告をほのめかした"季節外れのハロウィンパーティー"への招待状が届く。差出人の名前がベルモットだと…

コナン第1話がすごく気になる 連載初期に「あの方」はいたのか

阿笠博士ボス説は"正解だった”のでは これは証拠もない単なる推測だが、連載開始当時の設定では大ボスは阿笠博士だったんじゃないかなあと邪推している。 とくに新一が幼児化したあと工藤邸に帰ったとき、阿笠博士と遭遇するのが非常に違和感ある。 体が小さ…

祝祭feat. 三浦透子(RADWIMPS)はほぼラップ 本能的に口ずさみたくなる

大ヒットしている映画「天気の子」の劇中歌の一つ「祝祭」のサビの歌詞なのですがとにかくめっちゃ耳につくので、なんでかなあといろいろ考えた見たんだけど、 結局ほぼラップじゃん!ヒップホップじゃん! という結論に至ったので、音楽はまるで素人ですが…

都会のトム&ソーヤ実写映画化!!世代歓喜!!

まさかのトムソ実写映画化 このブログにもいろんなところに散りばめてる児童書『都会のトム&ソーヤ』が実写映画化されるらしいっ!! 「小学生のころ夢中になったやつだ!」 はやみねかおるの人気小説『都会のトム&ソーヤ』実写映画化決定にファン大興奮! …

「天気の子」を絶賛して、また同時に酷評する

さっき新海誠監督最新作の「天気の子」を遅まきながらみてきた。良いところがたくさんあったし、いろいろ考えることがあった。でも「君の名は。」にあったものが「天気の子」にはない。全然違う映画だった。 結論は「脚本と一部演出以外大好き、最高!でも脚…